安全に駆除

ねずみは野生動物のため、様々な病原菌を体に持っている可能性があります。そのため、家の中にいるだけ病気が感染する危険性があります。直接ねずみに触れなくても、ねずみの尿や糞により病気が感染する場合もあります。この危険を避けるためにも早期駆除が必要です。このねずみ駆除での注意点としては、ねずみを捕獲しても触らないことです。大人はむやみに触ることがなくても、見た目の可愛さから子供は触ろうとします。なるべく捕まえたら子供の目の届かない場所に移動させることが大切です。また、ねずみ駆除方法に毒エサを使う方法がありますが、この方法はお勧めできる方法ではありません。毒エサを食べたねずみが目に見えるところで死ぬとは限らず、家の中の目の届きにくいところで死んでしまうと、腐敗が進み悪臭だけでなく病気の原因となる場合もあります。駆除する際にはこのようなことがないように、よく考えて駆除方法を選択する必要があります。

家の中でねずみを見つけた場合にはそのねずみ駆除をすることが大切ですが、その駆除よりも大切なのが侵入した場所を特定し、家に入ってこないように対策をすることが重要です。家の中にいるねずみ駆除をしたとしても、侵入した場所を塞がない限り、また別のねずみが侵入することになります。ねずみはほんの少しの隙間からでも侵入することが可能です。この隙間を埋めてねずみが入ってこないようにしなければ、何度もねずみと格闘することになってしまいます。しかし、どこから入ってきたかを特定するのはとても難しいため、特定できない場合は専門業者に依頼するが得策です。費用はかかりますが、一度しっかりとした対策をしてしまえば侵入の心配がなくなります。もし、侵入経路が分からない場合には専門家に相談することも大切です。